保育園や幼稚園で案内される保険、入った方がいいの?

こんにちは。神奈川県の寒川町、平塚市を中心に保険の無料相談をお受けしております、

寒川保険ねっとの清田顕彦です。

今回のテーマは、「保育園や幼稚園で案内される保険、入った方がいいの?」です。

これからの時期、とても多くご質問をいただきますので少し書かせていただきます。

入学時の保護者向け説明会や進級時などに、学校から保険のパンフレットが配られることはあります。「園から配られたものだから入るべき?」と迷われるのではないでしょうか。

結論から言いますと、保護者の自由、必ず加入する必要はありません。

かわいいこどものケガや交通事故が心配だから、判断に迷われる方も多いかと思います。また、パンフレットには募集〆切日などが設定されますので、「急がないと間に合わない!」とよくわからないままに、焦って加入してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

プランの内容は、学校や保険会社によってさまざまですが、基本はケガの補償になっています。主にお子さまの学校内や登下校時のケガを補償し、特約として「賠償責任(第三者に損害をあたえたとき)」や「育英費用(親に万一のことがあったとき)」などが組み合わさっているケースがよく見受けられます。また、団体割引〇〇%が適用されているなどのメリットもあります。

親心をくすぐる話ではありますが、あくまでも任意ですので、「学校ですすめているから」「みんなが入っているから」といって慌てて加入する必要はないと考えます。

ご注意いただきたいのは、補償の重複(ダブり)です。

忙しいし、保険料も安いから「とりあえず入っておこう」という気持ちになるかもしれませんが、まずは現在加入している保険の内容をチェックして、必要だと思えば加入を検討してみてはいかがでしょうか。

補足ですが、当時はバタバタして加入してはみたものの、よくよく調べてみたら、同じような保険に重複して加入していることに後から気づいた場合には、途中で解約することも可能です。

値上げ値上げの世の中、保険料はお手頃かもしれませんが、なるべく無駄は省いた方が良いのではないでしょうか。

今日は「保育園や幼稚園で案内される保険、入った方がいいの?」でした。

いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

※本内容は掲載日時点のものです。今後変わる場合がございますので予めご了承ください。

寒川保険ねっとがお手伝いします。