ドライブレコーダーの選びかた

こんにちは。神奈川県の寒川町、平塚市を中心に保険の無料相談をお受けしております、

寒川保険ねっとの清田顕彦です。

今回は、「ドライブレコーダーの選びかた」というブログです。

2017年に東名高速道路で発生した、あおり運転事故を機にドライブレコーダーがとても注目を集めました。

最近では、ドライブレコーダーの映像が交通事故だけでなく、あおり運転や幅寄せ、いたずら等を受けたときの証拠として有効との判断から、利用者が増えてきています。

「ドライブレコーダーを使ってみたいけど、どれがおすすめかよくわからない」

「1万円以下の格安ドライブレコーダーでも、本当に役に立つの?」

こんなふうにお感じの方、保険会社のレンタル(ドライブレコーダー特約)をご存じでしょうか。

市販のドライブレコーダーとの大きな違いは、通信機能が付いていることです。

万が一の事故時に衝撃を自動で検知し、自動または手動通報により保険会社へ事故報告やロードサービスの依頼ができたりします。また、保険会社によっては、ALSOKのガードマンを事故現場に呼ぶことも可能です。

ドライブレコーダー特約は、月々の保険料が650円~850円程度でご加入いただけます。

コスト面では、自分で購入した方が安く済むかもしれません。

しかし、ドライブレコーダーには興味があるけど、価格の比較や後方カメラの有無など、あれこれ考えてしまい、結局まだドラレコを付けていないという方は、お試しにレンタルを利用してみてはいかがでしょうか。

ドライブレコーダー特約は複数の保険会社で販売されていますが、参考までに、寒川保険ねっとが取り扱う「損害保険ジャパン」のドライブレコーダー特約をご紹介します。ご興味のある方、以下のURL・紹介動画をぜひご覧ください。

https://www.sompo-japan.jp/tsunagaru-dorareco/

今日は「ドライブレコーダーの選びかた」というブログでした。

いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

※本内容は掲載日時点のものです。今後変わる場合がございますので予めご了承ください。

寒川保険ねっとがお手伝いします。